2011年04月11日

とにかくみなさんありがとう

 活動のよびかけを知り合い50人ほどにさせていただきましたところ、もうとにかくてんこもりのメールいただきました。

 とにかく、ありがとうございます。さっそくのカンパも本当にありがとうございます。お金を預ったプレッシャーがかかり、ギアが変わりました。

 今日はあの日からちょうど一月。被災した方々が一日も早く緊急の状態を脱し、これからの日々をくじけずに歩まれることを願います。被災された方々の悲しみや辛さを、ぬぐうことは私にはできませんが、悲しみや絶望やこれからの生活への不安につぶされそうになっている方々に寄り添い、日本人として一緒に歩む覚悟はできています。絶対負けずに復興!国民が一致団結すれば、風評被害も絶対とばせます。


 亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。



 ひらがなヴァージョンで「雨にも負けず」引用。安易だけど、今日は本当に胸に染みる。岩手の宮沢賢治記念館のお土産物である、この詩ののれんは、仙台市の実家の洗面所にかかっています。実家の父は家中にのれんかけています。父はこのたびの震災では実は鬼のような備蓄をしており、周囲を驚かせました。母は75歳ですが、市内の避難所のため、おにぎりを握っていますとさ。

 岩手が復興したら、みんな宮沢賢治記念館、行ってけさい!!


雨にも負けず 風にも負けず
雪にも 夏の暑さにも負けぬ 丈夫な体を持ち
欲はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に 玄米4合と 味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに よく見聞きし 分かり
そして忘れず
野原の松の林の陰の小さな茅葺き小屋にいて
東に病気の子どもあれば 行って 看病してやり
西に疲れた母あれば 行って その稲の束を負い
南に死にそうな人あれば 行って 怖がらなくてもいいと言い
北に喧嘩や 訴訟があれば つまらないからやめろと言い
日照りの時は 涙を流し
寒さの夏は おろおろ歩き
みんなにデクノボーと呼ばれ
ほめられもせず 苦にもされず
そういうものに わたしはなりたい


 
 
posted by makeawish at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日のつぶやき

windchime1983 / 鴇明浩
@kahoku_shimpo 遠いといわれても仕方ない京都から、仙台市出身者として記事を拝読してきました。貴紙のレベルは震災前から、すでにすごかったのですが、震災では一連の情報提供、見事でした。貴紙がつぶやかなくなったことが復旧の兆しですね。 at 04/10 15:30
posted by makeawish at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

今後の活動予定決定

このたび、いろいろと検討した結果。今後の中期的な私の支援方針と活動予定を固めましたので、そのことをお伝えいたします。


 私の支援方針は次の通りです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


その1 普及活動

 「それならば、私にもできる!」を合言葉に、支援がいまに終わらず、中長期的に続くよう、人々の支援のモチベーションを持続させるポジションに立ちます。そのため、インターネットが及ぶ・及ばないに関わりなく、被災地と非・被災地を結ぶ役割を果たします。


その2 個別支援

 京都市内に避難してきた被災者の励まし活動を行います。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 効果があるだろうか、人が賛同してくれるだろうか、空回りの勇み足なのだろうか、とかなり躊躇したのですが、やはり尊敬するNGOやNPOの方々の姿に背中を押されました。とにかくやってみる。どうせやるなら、早くどんどん進める。緊急事態に対応した姿勢をとります。

 これらの具現化として、交流スペースの運営(期間限定)に着手します。


 阪神淡路大震災の被災地である神戸市長田区を拠点に、東北をはじめとする被災地を応援する民間運営のスペースを、期間限定、週末限定ではありますが、5月から数ヶ月、関西に設置します。開設日は未定です。支援したいすべての人や関西に被災してきた人が気軽に立ち寄り、お茶やお菓子やお酒を楽しみ、自分たちができる支援について、インターネットではなく現実の空間で情報交換しあう場所です。多少なり、東北の物産も販売できたらと思っています。場所は、アスタくにづか1号館2階 神戸映画資料館内のカフェスペースです。運営は神戸映画資料館と共同となる予定です。

 ここで、昼はみちのくの郷土菓子と飲み物をふるまいます。バーとしての夜営業は検討中ですが、可能なら福島、宮城、岩手の銘酒をそろえます。もちろん収益は義援金とします。

次に、ここでさまざまなイベントを行います。

 5月14日と15日がイベントのスタートになります。現在、宮沢賢治の短編童話や詩の朗読会を検討中です。ご存知の通り、今回の被災地である岩手県出身の宮沢賢治は日本文学界でもっとも深く、巨視的に生命や人の死を見つめ、「銀河鉄道の夜」や詩集「春と修羅」、「雨ニモ負ケズ」に表れているように他者への献身や愛、慈悲を詠った人物です。今の日本人には宮沢賢治を読み直す時間が必要だと確信しております。賢治の生命観、宗教観、宇宙観にふれながら、今私たちはどう行動するべきなのか、参加者と一緒に考えたいと思っています。今の私たちが賢治の詩に改めてふれた時、皆の心の中に何か化学反応が起こることでしょう。なお、朗読者は今後探すことになっております。映画・演劇、アナウンサー、関係で関心を持っていただけそうなお知り合いの方をご紹介ください。

その他のイベント、支援や防災に関するワークショップも検討中です。


このカフェ&バーの食券を前売りし、その売上を現地支援・視察の交通費とカフェの準備資金に充てたいと思っています。一口500円(お菓子&お茶もしくはドリンク)。何口でも受け付けます。遠方の方には代替の品など検討します。

メールしていただいた上で、下記までお振込下さい。


ジャパンネット銀行

本店 001

普通 1868682

トキアキヒロ


★★★カフェ運営の応援★★★

 日程も何も未定ですが、「それ面白い!」と思っていただけましたら、スタッフになってください。事前準備や長田駅前での宣伝活動など、さすがに一人では無理です。自宅で、東北から電話、メールなどを使ってお菓子類、物産の仕入れ業務を行っていただくことも可能です。


★★★twitter見てください★★★

 今後、細かなお願いをすることになりそうです。twitterもチェックしてください。どうぞこれらの活動に賛同する友人のみなさんに呼びかけ、力を貸してください。また、以上の私の活動内容に皆さんの助言、ご意見をお寄せ下さい。


TwitterのIDは  windchime1983   です。地元ローカル新聞やNGO、陸上自衛隊などのつぶやきをリツィート(引用)している時もあります。

Twitter未利用者で、私のつぶやきを見ることができるブログは以下です。

http://twilog.org/windchime1983


 虫がいいことに、お願いがあるときはメールをすると思いますが、常時はぜひブログをチェックしてください。

 長くなりましたが、以上、お力添えをどうぞよろしくお願い申し上げます。お知り合いの方に私の活動を紹介いただけましたら、幸いです。

「みんなのほんとうのさいわい」(「銀河鉄道の夜」)を、大人の私たちも心を白紙にして、考えてみましょう。


 末尾となりましたが、どうぞ自粛などなさらず、思い思いに美しき日本の春を愛でられることを。


平成23年 震災からあと一日で一ヶ月 4月10日 
posted by makeawish at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。