2011年05月18日

2011年05月17日のつぶやき



windchime1983 / 鴇明浩
被災地各所のボランティアセンター自身のニーズや課題を具体的に数値化して分析した調査結果をご存知の方、いませんか? at 05/17 03:26

windchime1983 / 鴇明浩
東日本大震災被災者支援(南相馬市の子どもたち) http://t.co/CEj1mSX at 05/17 03:24

windchime1983 / 鴇明浩
なぜピースビルダーズは南相馬市を支援しているのか(3/3) http://t.co/FBF4c1R at 05/17 03:23

windchime1983 / 鴇明浩
なぜピースビルダーズは南相馬市を支援しているのか(2/3) http://t.co/XPzMgSj at 05/17 03:23

windchime1983 / 鴇明浩
なぜピースビルダーズは南相馬市を支援しているのか(1/3) http://t.co/KvOLBqG at 05/17 03:23

windchime1983 / 鴇明浩
東日本大震災被災者支援(福島人ポロシャツ) http://t.co/cvk7EW1 at 05/17 03:14
posted by makeawish at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北応援カフェ 神戸の巻報告

さる5月14日、15日に神戸映画資料館(神戸市長田区)で開催された東北応援カフェ神戸の巻が無事終了しました。神戸映画資料館との共催です。約70人の来場があり、寄付金合計は90295円でした。この寄付金は本活動資金として次回の京都の巻まで、運用した上、経費を差し引いた分を広島市のNPOピースビルダーズに寄付いたします。

RIMG0490.JPGRIMG0480.JPGRIMG0499.JPG

喫茶コーナーでは、岩手県の南部せんべい、宮城県のずんだころ餅、福島県のエキソンパイ、ままどおるをお茶とともに召し上がっていただき、好評でした。テーブルでは、福島や宮城の新聞を閲覧いただきました。また、尾崎ゆうき写真展、モニターによる「ことば集」「ピースビルダーズ紹介」のプレゼンをループ上映しました。

宮沢賢治朗読会は、朗読者若松美恵子さんが練習を重ねていただいた成果が発揮され、素晴らしいものとなりました。

映画は残念ながら私は見ることができませんでしたが、皆さんに好評でした。

報告会では主に私が現地入りした福島県南相馬市の現状を報告し、私なりに考えている皆様の支援の在り方について提言しました。特にマスコミの報道とは違う南相馬市の日常、緊迫感と被災者の過酷な状況、ボランティア活動の実際の内容を報告しました。初日は神戸映画資料館のある大正筋商店街の理事をゲストでお迎えし、宮城県で炊き出し支援した活動の報告をしていただきました。同商店街はぼっかけ(そばめし)を、石巻市で炊き出しされました。2日目は友人のフランス人ダニエル・ナタリニさんを迎えました。彼は日本語に慣れていないため日頃周囲に考えを話せない状況だったので、日仏語通訳者の協力を得て、発言いただきました。原発大国の国民の立場で、約10分、原発不要論、ニュージーランドの地熱発電が国全体の電力供給の70%であること、東電が刑事責任を追及されるべきであることなどを発言いただきました。



1日目のパブは、一般の方々に加え、私の友人、地元神戸のコミュニティFMの方や映画資料館の関係者など、最終的にのべ20人ほどの方に来店いただきました。用意したお酒はどれも純米で、大吟醸もありました。味は上々の評判でした。
以下がメニューです。京都会場ではさらにフードが追加されます。

銀河高原ビール(岩手)
栄(えい)川(せん)純米吟醸(福島) 
奥の松 純米吟醸(福島)
人気一 純米吟醸(福島)
雪の松島 特製純米(宮城)
月の輪 純米酒(岩手)
七福神 純米酒(岩手)

南相馬のとうふみそクラッカー添え
仙台の笹かまぼこ
南相馬の無添加味付海苔
相馬あられ
南部せんべい
岩手海鮮せんべい

宮城米のご飯と仙台味噌のお味噌汁


驚きは、ラジオ関西の三上公也さんが2日目の朝に来場されたこと。
http://jocr.jp/morning/index.html

私は、「情報アサイチ」で東北応援カフェを紹介いただくことになり、同番組に出演させていただいたのですが、まさかご本人が来られるとは!神戸の震災の時には奔走したと聞いており、今回の被災地支援に強い関心を持っておれらます。ラジオ関西が短波の中継車を被災地に持ち込み、緊急ラジオ局立ち上げの支援をしに行くことを聞きました。1時間以上の長きにわたってお話させていただきました。

また、同時間帯には高砂市在住の福島市出身の女性も来場。三上さんと彼女と私とで多くの話をしました。彼女は震災前の飯館村を紹介した素晴らしい本「までいの力」の普及活動をされています。
この本はオールカラーで飯館村の生活、食、自然、山村思想、村の方々の姿を記録しています。「までい」とは東北の方言で「ていねい」という意味です。宮城だと「までえ」かな・・・。デザインも実に素晴らしい。磨きに磨いた日本の山村文化という宝石をちりばめたような本です。写真も満載です。しかし、今この村は計画的避難区域に指定されました。帯と村長の巻頭言と急きょ追加の震災後の村の経緯のみが震災後の情報で、あとはすべて、3月11日前の飯館村です。したがって涙なしで読み進めることが難しい内容です。地震の被害も少なく、津波の被害もなかったこの村が追いやられた理不尽な状況の深刻さが改めてわかります。小さい出版社からの刊行で2500円になってしまいました。決して安くありませんが、原発という慢心に怒りを持つ皆さん、飯館村という桃源郷に心をよせてみたい皆さんにはぜひぜひご一読いただきたいです。ある意味でこれ以上、原発を糾弾した本は世界中にないでしょう。私も普及を支援するつもりです。人前では読めないほど泣けます・・・。
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=05_90441809/

ご来場いただいたみなさん、神戸映画資料館のみなさん、ボランティアスタッフのみなさん、大正筋商店街のみなさん、本当にありがとうございました。


次回は京都の巻です。開催日は6月11日夜18:00から22:00(パブ)、12日正午から18:00(カフェ)です。映画の上映はございませんが、もりだくさんの内容で皆さんをお迎えします。会場は京都四条新町上がるの「京庵」で、同カフェオーナーの京(みやこ)さんと私の共催です。
http://miya-ko.com/miyako-an/

ご期待ください。
posted by makeawish at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

2011年05月16日のつぶやき

windchime1983 / 鴇明浩
昨日会った友人の友人が本日、南三陸町へボランティアに出発。看護師さん。まだ水道もない被災地です。くれぐれも気をつけて、無理せず、がんばってきてほしいです。 at 05/16 09:24

windchime1983 / 鴇明浩
「私も福島に帰って、一緒に放射性物質をみんなと同じように浴びたい。」と、兵庫在住の福島出身者が私のイベント会場で私に言いました。その気持ち痛いほどわかりますと、私も言いまして、1時間ほどもずっと話しました。自分だけが何で無傷なのか、遠方の東北出身者は整理がつかないんです。 at 05/16 09:15

windchime1983 / 鴇明浩
東北はただでは起きない。今にみておれでございますよ、なんちゃって旧いなあ・・・皆さん、何の映画の宣伝コピーかわかったら偉い。http://www.youtube.com/watch?v=hX6J1HdGI24&feature=youtube_gdata at 05/16 09:11
posted by makeawish at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。