2011年06月22日

ありがとうございました 今後の予定

東北応援カフェ 京都の巻は驚くほどたくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。2日で約150人です。ひさしくお会いしていない知り合いもたくさん来てくれました。つたない運営ではございましたが、今伝えるべきことは可能な限りお伝えいたしました。被災地へ長い支援をお願いいたします。

現状と短期的見通しをお伝えいたします。

夏に向けて「暑さ」という新たな敵が被災地を襲っています。福島は、放射性物質の影響がますます深刻化している上、国やマスコミの情報がまったく信用できないことがあきらかになり、しかも国民はなすすべもありません。福島県からの県外自主避難者が子供連れを中心に増加することを見込む必要があります。私はこれらに立ち向かい、骨身を削って行動していきます。複数のアクションを常に同時進行しています。皆様の参加・協力をお願いいたします。

告知1
東北応援カフェ 番外編 6月25日夜7時から都庵で芋煮会(屋内ですが)を開催。会費4000円です。東北出身者大歓迎。東北の酒あります。9月に実施する被災地支援活動部隊のスケルトンを説明します。
京庵
http://miya-ko.com/

告知2
女川町在宅避難者への支援者の後方支援を継続的に行います。支援者自身が被災者で高齢化集落を中心に活動しています。京都から物資提供で応援します。目に見える支援です。7月3日に西京区で物資の受付。詳細は後日。

告知3
福島県から京都市内に避難してきた、主に子供連れの避難者支援
準備に入りました。最低限の家電の調達、生活物資の支援、子供の保育、余暇支援、不慣れな京都の生活情報などなど、行政ができないことが山積です。行政が準備した住まいに入った以降の生活支援をチーム方式で行います。ご参加をお願いいたします。助けてください。

告知4
9月22日夜8時に京都駅から被災地へのバスを出します。参加者募集。特色は帰路は各自自由で自己負担。要は交通費が半分助かります。ただし2人以上で1チーム行動。行動対象場所は南相馬市、女川町、石巻市、気仙沼市などです。選べます。詳細はお問い合わせください。

東北は復旧もほど遠い地域がまだまだあります。緊急的な状態を逸していません。どうぞご支援をお願い申し上げます。
posted by makeawish at 00:13| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。